使う言葉 口論の5段階説

口論
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
このブログの記事を書いた人
和田多摩子

@kbUsSuxTMohit8W
John GodmanとAnthony robinsの学びから恋愛の科学を発信しています。恋愛にはサイエンスがあり再現性があります。女性はほんのちょっとの演技力で、理想の恋愛を手に入れ、一瞬で男性を虜にすることも可能です。

現在、自宅警備員を主な生業にしています。たまに恋愛コンサルタント資格を活かして恋愛コンサルなどもしています。

働いたら負けを座右の銘に独り立ちを模索中です。

和田多摩子をフォローする
スポンサーリンク

使う言葉

ある特徴的な言葉の使い方を
しているカップルは90%以上の
確率で離婚する(別れる)ことがわかっている。

恋愛が長続きしないという
悩みを持つ人はこれから記すような
会話を日常的にパートナーと
行なっていないか省みて欲しい。

大好きなあの人と長く一緒に居たければ
恋愛が長続きするように使う言葉を
意識することが重要だ。

また、カップルが別れるまでには
5段階あり対処法を知っていれば
食い止める事も可能になる。

スポンサーリンク

現代の男と女の会話による原因

恋心が長続きしない原因は、
日常の男女の会話に原因があることが、
アメリカでの研究で分かってきた。

ワシントン州立大学の
John Godman(ジョンゴッドマン)博士(心理学者)によると
カップルの15
分の会話を見る(心拍数)だけで
85%の確率で離婚するかが分かる」
といいます。

離婚(別離)への典型的な会話のプロセスは次のとおりです。

批判防御見下し喧嘩離婚

相手を「批判」 すると、
相手はその批判に対して「防御」 します。

これが続くと、相手を「見下し」始め
延々続く「喧嘩」へと発展してしまいます。

問題は常に起きている

ふたりの間の問題は常に起きていて
無くなることはない。

この認識が絶対に必要。

問題をふたりでどうやって乗り越えていくのかに
フォーカスを向けていないと感謝が減り不満が増えてくる。

口論の5段階説

段階1.不満

不満を述べる事は破綻の原因ではない。
何かあればすぐに*リぺアアテンプトですぐに
回避する技術を身につけよう。

段階2.非難

不満と非難の違いは、
「相手の行動」に対して述べているか、
「相手の人格·能力」に対して述べているかの違い

段階3.侮辱

皮肉、無視、冷笑、相手の物まね、挑発

段階3の状態が日常的になると、
ふたりの関係はもはや
修復不可能な状態となっている場合が多い。

恋愛を長続きさせたければ
相手を侮辱することはしないことだ。

段階4.自己弁護

研究によれば自己弁護や言い訳が
良い結果を生み出すことはない。

自己弁護は 「自分ではなく、相手が悪い」
というメッセージになる。

また、 話が終わらないことで批難、
侮辱を繰り返す結果につながる。

段階5.逃避

通常、聞き手は「へえ」とか 「そうなの」とか
相づちを打つが、 逃避をする場合、リアクションをしなくなり、
ただ無視をする。

*リペアテンプト (関係修復技術) =ジョークや謝罪、休憩、 スマイル、 舌を出す等

 


このブログの記事を書いた人
和田多摩子

@kbUsSuxTMohit8W
John GodmanとAnthony robinsの学びから恋愛の科学を発信しています。恋愛にはサイエンスがあり再現性があります。女性はほんのちょっとの演技力で、理想の恋愛を手に入れ、一瞬で男性を虜にすることも可能です。

現在、自宅警備員を主な生業にしています。たまに恋愛コンサルタント資格を活かして恋愛コンサルなどもしています。

働いたら負けを座右の銘に独り立ちを模索中です。

和田多摩子をフォローする
ブログランキング ポチッとお願いします!
口論
スポンサーリンク
和田多摩子をフォローする
愛され女子になるための恋愛研究所

コメント