恋をしたい!でも恋を遠ざける矛盾!?

恋愛の科学
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
このブログの記事を書いた人
和田多摩子

@kbUsSuxTMohit8W
John GodmanとAnthony robinsの学びから恋愛の科学を発信しています。恋愛にはサイエンスがあり再現性があります。女性はほんのちょっとの演技力で、理想の恋愛を手に入れ、一瞬で男性を虜にすることも可能です。

現在、自宅警備員を主な生業にしています。たまに恋愛コンサルタント資格を活かして恋愛コンサルなどもしています。

働いたら負けを座右の銘に独り立ちを模索中です。

和田多摩子をフォローする

 

こんにちは、恋愛コンサル自宅警備員たまこです。

現代社会では、恋愛よりもキャリアを優先する女性たちが増えています。
「恋をしたい」と言いつつも、彼氏いない歴○○年という
長年恋に遠ざかっている、女性や、
結婚しているけれど夫に対してすっかり冷めてしまって
トキメキがない、という女性がとても多くなっています。

スポンサーリンク

恋をしたい!でも、、、、

「恋愛?忙しくてそんなヒマはない! でも、いい人がいるなら恋もしてみたい・・・。それに仕事しているほうが面白いし・・・。」

そして気がつくと、周りには独身の男性がほとんどいなくなり、
職場の男性は自分を「女性」としてではなく「同僚」として関わり、

結婚どころか恋愛すらできない状況になってしまった………。

たまたま付き合った男性は草食系で、
結婚どころかデートもセックスもしてくれない。

そう嘆く”恋愛難民”が激増しています。

これって、現代社会の最も深刻な問題だと思いませんか?

スポンサーリンク

恋をしたい、でも、、、オス化する女性たち

私は、社会進出に伴う女性の自立が、
男性と対等に戦いたいという女性のオス化現象を引き起こし、

社会を動かす男性の男性機能とモチベーションを下げ、
経済不況、少子高齢化につながっているのだと感じています。

もし、あなたがシングルマザーで育児も仕事も
全力でやっているならお子さんのために、時には
父親役を演じることもあるでしょう。

そうするとますます、男性エネルギーが高くなり
女性エネルギーが減少します。

オス化がますます進んでしまうことは無理もありません。

恋をしたい!自ら恋を遠ざける女性たち

そして、女性たちは自立,を手にする代わりに、
素敵な恋のチャンスを手放そうとしているのではないかと感じています。

つまり、現在の女性たちは“恋に遠ざかっている、
のではなく、自ら“恋を遠ざけている”のです。

当、恋愛研究所が提供する恋愛の科学は
あなたがこの恋愛の科学を学ぶことで
男性を一瞬で魅了するテクニックでもあります。

恋をしたいなら、恋愛の科学を学びましょう

一見、見せかけだけの表面的なアプローチに思えるかもしれませんが、
社会で活躍する女性たちが、いまと同じ忙しいスケジュールの中で、
ビジネスと同時に恋愛も手にするための、最も即効性のある方法の1つです

なぜなら、去年も一昨年も、あなたがビジネスで
自分の能力を発揮する喜びを感じつつも、
「恋をしたい!」と思い、恋をしていなかったとしたら、
去年までと同じパターンでは何も変わらないからです。

しかも、あなたは能力を発揮すればするほど、
ますます忙しくなるのですから、
恋をするヒマはもっとなくなるでしょう。

今のスケジュールの中で同時に恋をするためには、
性格や考え方、ライフスタイルを変えることを考えるより、
表面的なアプローチを変えるほうが、
よっぽどかんたんで現実的です。

だからあなたは恋愛の科学を学ぶ必要があるのです。

恋も仕事も思いのまま!あなたが恋愛の科学を学ぶと

あなたがこのブログの熱心な読者になり恋愛の科学を学べば
あなたは、数ヶ月も経たないうちに「何人もの男性から告白されたり」
「恋人からプロポーズされたり」
「夫と出会った頃のようにラブラブになった」
など、嬉しい結果を出せるようになるでしょう。

なぜなら、男性に愛され、応援されれば
仕事も家事も子育ても、今の10分の1のエネルギーで
10倍の成果を上げることができるようになります。

つまり100倍輝けるようになれます!

恋愛の科学を身につければ、あなたは今までみたいに、
自分1人で頑張る必要は無くなります。

ぜひブログランキングポチッとと、
はてブ登録をしてください。

 

 

ブロトピ:ブログ更新通知


コメント